干されたオタクが5kg痩せてファンサ貰うまでの話

どうしても書きたかったことなので思いきって書きます!笑

 

忘れもしない2016年3月セクゾンウェルセクツアー名古屋公演。私は強運なお友だちのおかげでかなりステージが見やすい席、つまりステージからも見やすい席で入らせて貰って、浮かれてました。 

ドラマチックなことで風磨くんの担当に戻り、勝手に自分をヒロインのように思ってました。ロマンティック浮かれオタクはうちわにこう書きました。

「もう一度風磨くんに付いていきたいです。」

この時点で既に笑止。

しかしその時の私は風磨くんがうちわに気付いてくれて微笑んでくれるだろうと自信満々に思ってました。

さぁ風磨くんが近付いてきました。もうるんるん気分のドヤ顔でうちわを見せました。

「うん?こちらを見ないな?」

恐らく視界には入っているのに全くこちらを見ようとしません。(オタクがよく言うやつ)

その後も何回も目の前を通るけどその度スルー。完璧スルー。マジスルー。鬼スルー。

ポジティブ浮かれオタクはそれでも風磨くんの名前を叫びます。こっち見てよ!私風磨担に戻ったよ!!今考えると自分勝手この上ないですね。

そしてその時はやって来ました。

やっとこっちを見たと思った次の瞬間、後ろに居たDDと思しき女子高生2人に手を振ってるではありませんか。

浮かれオタクもここでやっと気付きました。

「あれ?干されてんな?」

あまりのショックにその場に立ち尽くしてしまいました。

終演後、後ろの女子高生2人はキャッキャしながら、「ほとんど通った人全員に気付いて貰えたね!やばい!」と話してるのを聞いて卒倒しそうになりました。私は風磨くんにだけ気付いて貰えれば良かったんですけど…

 

しかしこんなところで挫けるようなオタクではなかったので、次のツアーで絶対ファンサを貰おうと思い、PDCAサイクルを回し始めました。

後ろに居た女子高生と何が違うのか(全部だよ)徹底的に考えました。

※女子高生は顔うちわ、ドラえもんマスコットでファンサを貰っていた。

・うちわが見えづらい(マジックでスケブ素材は限界がある)

・うちわに意識が行き過ぎて客として盛り上がってない→気付かれない

・カンペ出すようなオタクはそもそも相手しない

あとは…あとは…うーんと悩みながら寝っ転がってスマホをいじってたら電源が切れてしまいました。そのとき、暗くなった画面に映った自分の顔がかわいくなさすぎてびっくりしました。なんか浮腫んでてますます目が小さいし、顔の余白も多すぎだし、鼻はてっかてかだし

…うん、てかブスだな?!?!?!?!?

突然の気づきです。ブスで盛り上がってなくえ笑顔もなくてじっとりと重いカンペうちわ…

無理だわーーーーー!!!!!自分がアイドルでもぜっってーーーー無視するわーーーーやべーーーわーーー!!!!!!!

 

そこから一念発起し、私のスーパー自己プロデュース作戦が始まりました。

 

ダイエット

体重よりは見た目を重視して、毎日徹底的に顔と手足をマッサージしまくりました。

あとジムに通ったり、流行りの炭水化物抜きもやってみましたがリバウンドがすごくてなかなか結果が出ませんでした。リバウンドすると瞬時にブス化するので顔に付きやすい体質なんだなぁと思いました。

最終的にはバナナダイエットとお菓子を食べないようにすることで落ち着き、今は2016年4月から5kg減りました。ようやく普通くらいです。

顔面

もうどうしようもないとは思ってましたが、目だけはぱっちりさせようと思い化粧と美容法を研究しまくりなんとか納得する二重になることが出来ました。インターネットは偉大。

髪型

ショートが似合う子も居ますが、私は絶ッ対ロングがおすすめです(?)

七難隠して+αの可愛さを与えてくれます。伸ばして巻けば大体可愛い。髪の毛偉い。1年かけて、ボブをロングにしました。

自分の見た目に関しては文字にするとこれだけですが、結構苦労しました…!

うちわ

あらゆる現場を観察し、至った結論は顔うちわ最強説。やっぱ旬のものは持っとけって話です。

盛り上がる

だんだん何の話かわからなくなってきました。あらゆる現場(略)、嬉しそうに笑顔でうちわを降ることが大事!切羽詰まらない!

笑顔ーー!!\笑顔ーー!!!/

 

そしてやってきました。2017年4月、STAGEツアー大阪公演。

この公演、そもそも寝坊して化粧も服も割と終わってましたが気持ちだけは切らしてませんでした。

 

笑顔で!!顔うちわを振る!!

もうここまで来たらスポーツ競技です。

 

そしていよいよアリトロが近付いて来ました。

真っ白なスーツの風磨くんがまぶしすぎて顔が引き攣ります。こちらを向いて目が合った瞬間、地球止まりました。てか風磨くんなんでピーコみたいなサングラスしてるんだという謎の突っ込みが頭を過ぎった瞬間、風磨くんの右口角がクイッと上がり、私のうちわ目がけてひらりと綺麗な手を振りました。

思わずその場にしゃがみ込みました。

やった、やったぜ。1年越しの目標達成です!!!!!

でもそんなことよりこちらを向いて笑ってくれた風磨くんが本当にかっこ良くて、ピーコみたいなサングラスの黄色が世界一綺麗な色に見えました。

 

ファンサされたのはもしかしたら私の変化によるものじゃなくて風磨くんの変化かもしれないけど、私はすごくすごく嬉しかったです。謎の達成感もありました。

実際痩せて色々と自分を変えて、回りから褒められることもあり、頑張って良かったなと思いました。

自分が変われば自分を取り巻く世界も本当に変わります。

風磨くん、セクシーサンキュー💜

ずっと好きだよ✌

考えるということ

よく言われる言葉に「考えすぎ」がある。
どうも私は考えすぎてるらしい。 
友だちにそんな心配をかけるのは良くない。のであんまり深刻そうな顔はしないようにしようと思った。

でも、考えることはやめようとは思わない。考えすぎ!と言われるくらい考えようと思う。

考えすぎは全部に当てはまる。全力で考えて、全力で行動してる。時にはおかしい方向へ物事が行ってしまう。そんなつもりじゃなかったのに。

でも、考えるっていうのは、人間に与えられた権利だと思う。考えるのは生きてる証拠だと思う。考えるのをやめるって言うのはその権利を放棄することじゃないのかな。だから、生きるのをやめちゃうってことじゃないのかな。

だからこれからも他人と自分を比べちゃうし、仕事の出来で一喜一憂しちゃうし、何気ない一言で傷つくし、四ツ谷に行ったら心がぎゅんぎゅんすると思う。
そしてそんな情けない自分を自分でどうにか成長させるの努力をしていくと思う。

考えすぎって言われても、私は考えるようにしたい。だって自分の人生で行き着きたいところに連れて行ってくれる人は自分以外居ないから。

考えたい、答えがなくても。考えた結果が、生きる道になるはずだから。


もう一度君の名前を呼びたい

風 is a Doll公演。直前までチケットも持ってなくて、何も考えてなくて、うちわもなくて、気合も入れず初日に入りました。
そのとき既に風磨くんから降りて1年くらい経ってて、新しいソロの曲もろくに聞いてませんでした。正直、期待もしてませんでした。


でも、風磨くんは最高の形で裏切ってくれた。


もうね、一曲目から最高だって分かった。だって本当に本当にParty up!歌ってる風磨くんかっこよかった。びっくりした。こんなかっこくなってた。

Dモもウィルビーも自分のものにしてて、ステージがまぶしくて気付いたら泣いてた。
その後にrougeからのソロ続きで涙が止まらなくてなってコンタクト取れた。

初めて行った横アリのコンサートでかわいい顔してるのにぶすくれてる風磨くんを見つけて気になったこと、少クラのrougeをしぬほど見返したこと、通勤電車に乗りながらIt's going down聞いてたこと、

あと、ステージで歌う風磨くんが本当に好きだったこと。
色んなことを思い出した。

汗だくの風磨くんはずっとにこにこしてて、真っ黒でキラキラな瞳で観客一人一人の顔を見ては嬉しそうにはにかんで、とにかく一生懸命アイドルを生きてた。その姿を観てファンも嬉しくなってるのが伝わってきて、幸せしかない空間だった。

公演終盤、ひとりぼっちのハブラシをアカペラで歌ったんですよ。座席がどセンで、真正面から風磨くんの声を聴いた。もうこれはね、ダメだった。
ねぇ 君は愛の続きを   ねぇ 誰としてる?

こんなこと歌われたらさ、もう。泣くしかないしもう一回好きになるしかなかった。

その後のMy lovin seasonも本当に素敵で、地下の会場なのに海が見えるような気がした。このとき初めて聴いたのに無性に懐かしくて切なくなった。

どうしようもなく風磨担に戻りたくなった。風磨くんが居る景色を観たくなった。



そして今、風 isの公演を見返しても同じことを思いました。


だから、もう一回風磨くんに降ります。


だいぶ前に、ぽろっと何回でも風磨くんに降りたいとつぶやいたことがあるけど、本当にその通りになった…!

最近Twitterでも、ぬるっと戻ってたけど、なんか言っておきたくなってブログ書きました。良かったらこれからもよろしくお願いします……

助手席はキミのもの

私がやすすの歌詞で1番好きなシチュエーションは車でのデート!!!
デートには車があった方がロマンチックだということをとてもよくわかってるし、おそらくやすす自身も車が好きなはず。この記事では私が好きな歌詞を紹介します。

麦の穂が揺れるように
きらきら輝く海
ロマンティック最高潮で
助手席のドアさっと開けちゃうなんて...

このやさしくするよりキスをしてはまだまだぎこちない2人が冬の海に行く話。男の子はジャケットを貸してくれたりととてもやさしいのですが、みるきーは煮え切らない態度にぷんすこしてます。そんな2人の関係を上手く現してるな~と思います。夕暮れが近付いて、女の子はどんどん盛り上がってるのに、男の子は彼女の門限を気にして、「もう送って帰るから、車に乗って」と助手席のドアを開けるわけです!!!みるきーは不満みたいだけどロマンチックだな~と思います。だってこれ電車で来てたら「そろそろ帰ろっか。」って言葉に出さなきゃいけない。そっちの方がガッカリする気がする!電車に乗ったらそこでデートが終わるけど、車なら家に着くまでがデート。

乃木坂/ハウス!
ドライブの帰りに寄った私ん家
車のエンジンを切って 
見つめ合い 
ふいに 顔が近づいて 
私は冗談でかわす 

こういうこと!!!!!!!車ならこういうこともありうるというわけです!!
車のエンジン切ったときの車内がしんとなる瞬間のシチュエーション!!!これぞやすすの書けそうで書けない歌詞。ハウス!は全体的に歌詞がキモいんだけどここはすごくいいなと思った!!

NMB48(チームN)/ジッパー
ハンドバッグ 逆さにぶちまけ
「車の鍵が見つからない」って…
大騒ぎしてる光景は
いつもと同じ

これはちょっと趣旨が違うんだけど、同棲カップルの朝のひとコマ。彼女は出勤するんだけど、彼氏はそれを見守ってるだけ。勝手にこれは学生の彼氏と社会人の彼女だと思ってて、彼女が毎朝出勤するのを見届けて、ゆるっと3限から大学行く大学生の彼氏なのかなーと思ってます。
と、いうわけで、どことなく年上の彼女の匂いさせながら授業受ける松村北斗くんドラマ化お願いいたします。

以上です。

私が音楽業界で働けないと思った理由

はい、書きます。これはさすがに自分のために書かなきゃいけないと思ったので書きます。内容的にはわりとクズです。

私は高校生のころからずっと音楽業界で働きたいと思ってました。そしてその目標は就活中も変わることはなく、私は小さなプロダクションから内定を貰いました。仕事内容は意外とすきなものに近くて、本当にがんばろうと思っていました。でも今、その内定を蹴ろうとしています。

理由は色々ありますが、一番の理由は自分の「なりたい自分」になれないと思ったことです。「なりたい自分」、就活最中、それは好きを仕事にすることでした。それだけでした。でも内定をもらって、インターンさせてもらってるときに気づきました。「なりたい自分」には社会的地位も、収入も、もっと言えば名の知れた企業でまっとうに働いている安心も含まれていました。そんなことに今更気づきました。

私が内定をもらった会社はいいところもあります、でも一度ダメだと思ったら、どんどんダメに見えてきました。エントリーシートに書き綴ったことは本当だったけれど、内側に入って見えること、変わることは本当にしかたないんだなと思いました。

絶対なんてない。そのことをこの半年で痛いほど知りました。悲しいけれど、逆に言えば、音楽業界で働きたいという呪いを解いてもらったと思います。憧れは呪いでした。でもその呪いにかけられて良かったです。なんでかはわからないけど、その呪いがあったから強気で居られた部分もありました。

今もテレビでレコード会社の内部を見たり、ポニキャ社員のツイートみたりしてもハンカチ噛みしめながらギリギリしてます。(あれ呪い解けてない)自分に努力と才能が足りなかったことを悔んだりもしています。あああ悔しい!けれど、それは今までの漠然とした憧れとは少し違っています。彼らが地味でつまらない作業をたくさんこなして、悩んで、怒られて、失敗して、それでもがんばっていることを知れたから、尊敬に近い羨望です。マジね!つまらんこととめんどくさいことの連続だと思う!wそれでもめげずに毎日頑張って音楽のために生きている人たちを本当に尊敬するようになりました。それはステージに立つ彼らへの尊敬でもあります。並大抵の精神力じゃ、続けられないことです。

あと、突き詰めていくと、悪い大人なんて、居ないんですよ。みんな自分なりに必死に考えて、折り合いつけて、がんばってるんです。だからこそ、今音楽業界を離れようとする自分の意気地なさにがっかり…はしてません。悲しいけど、私は私の選択を最良だと信じます。

だれかを支える上で必要なのは好意と自信だと思います。私はそのどちらも足りません。後ろ盾なしに誰かを裏側から支えるなんて到底、出来ませんでした。もっと言えば好きでないアーティストを支えられるだけの熱意も、好きなアーティストの人生を預かる自信も、私にはありません。

春から、私は音楽とはまったく違う業界で生きていくことになると思います。それはそれでとても楽しみです。学生時代に学んだことを活かせるからです。少しでも成長出来たらいいなと思っています。

でも、でもいつか、自分の生きる道が、もう一度ステージの上へとつながることがあったら、そのときは、真正面から失敗を恐れず彼らと向かい合えたらいいなと思います。

 

追記

元職場の人からメールを貰って、ああやっぱりいい人たちだったなと思いました。でもそれは辞めたからでした。

中途半端に音楽業界へ片足突っ込んだこと後悔してたけど、いつかその後悔がなくなる日も来るかもしれないなぁと思いました。

『かしこい狗は、吠えずに笑う』

f:id:doitbabydoitbaby:20131012223405j:plain

 

だいぶ前にみた作品だけど感想を書いておく!ブログが映画ブログのようになっている。
上に載せた画像みたいな、花とアリスっぽい映画だけど後半でふっとばされる
っていうけどこの映画の本当の見どこは登場人物ふたりの些細なやりとりとかやるせなさなんだよね。

主人公二人は理由は違えどクラスから嫌われてて、でもそれがきっかけで仲良くなって、毎日のように一緒に居るようになる。中学から高校にかけての時期ってマイブームみたいに一人の友達とべったりなことが多かったなって思い出した、でもそんないきなり仲良くなって毎日のように一緒に居るとどこからかおかしくなってどんどんギクシャクしていくんだよね。この映画ではイズミ(画像右)がとんでもないことしてて、そのせいで二人の仲が壊れていくんだけど、「とんでもないこと」はあくまでこの年頃の関係性の危うさとか距離感のつかめなさを際立たせるための装置であって主題ではない。

ギクシャクし始めたあとに、イズミがお弁当をつくってあげるんだけど、その健気さが怖くて悲しくてすごく痛々しかった。

後半は本当にとんでもないことが起きるけど、そのことをしてしまうイズミの不安定さは誰にでもあって、思春期は不器用で悲しくて、でも一番人を好きになる時期だったなって。思いました。

自主制作映画『かしこい狗は、吠えずに笑う』予告/『SHADY』Trailer - YouTube